理科読日誌

親子で楽しむ科学の本

『あめの日の おさんぽ』

『あめの日の おさんぽ』

U・シェフラー:文  U・ヴェンセル:絵  若林ひとみ:訳

文化出版局

1986年

¥1,068+税

 


今日もお天気がいまいちでしたが、雨の日を楽しんで過ごす"おばあちゃん"とおさんぽに出かける"ぼく"のお話を読んだら、こちらまでウキウキしてきました。

 


水たまりをバチャバチャしたり、雨のときに小鳥はどこにいるか探してみたり…。雨の日は足元が滑りやすいことや森の中は いいにおいがすることを発見したり…。

 


この絵本を読んで、子どものころ、雨の日に大好きだったものを思い出しました。地面に丸く広がる虹をみつけるのが好きでした。道のあちらこちらでみかける虹が不思議でたまりませんでした。そのうちに大人から「油が垂れた」せいだと聞いてからも、どうして油が垂れたら虹ができるのか、不思議で不思議でたまりませんでした。

「薄膜による光の干渉」という現象について高校の物理で学んだとき、「あれのことだー!」とそれはそれは感動いたしました。それと同時に、高校生になったら地面の虹のことをすっかり忘れていたことにも気づきました。

薄膜によって色づいたリングが見える方向には限りがあります。おそらく小さかった私の目線では虹色が見えていたけれど、背が高くなってしまってからは色づいて見えなくなっていたのだと思います。

 


"みっつん"と過ごしていると、大人になって忘れているいろいろなものを再発見できそうな気がします。

まだ"みっつん"は自力では歩けませんが、抱っこ紐で一緒にお散歩しながら、雨の日ならではの楽しいものを発見していきたいな、と思いました。

 


そして、家に帰った"ぼく"に"おじいちゃん"が本を読んでくれたように、いろいろな本を読みながら雨の日を楽しく過ごしてみようと思います。

『てとゆび』

『てとゆび』

堀内誠一:ぶん・え

福音館書店

1969年7月 かがくのとも

2012年 かがくのとも特製版

¥900+税

※品切れ中なので、図書館で借りました

 

最近、"みっつん"は赤ちゃん用のおせんべいを自分の手で持って上手に食べられるようになってきました。最初のうちは、手で握ったはいいけれど、手からはみ出た部分を食べてしまうと、握りこんだ部分に残ったおせんべいは食べられず…そうこうするうちにおせんべいがベトベトになってしまって、「ひーん」と悲しい声を上げておりましたが、今では、残った部分もお口に押し込めるようになりました。ボーロもつまめますが、まだ力加減が難しく握りつぶしてしまいます。

 

「つかむ」や「つまむ」という動作は、こうやって少しずつできるようになっていくのだなぁ、と興味深く見守る日々です。


「手当て」という言葉を実感して育ちました。具合が悪いとき、どこかが痛む時に母の手をあててもらうと、不思議と痛みが和らいだり、気持ちが落ち着いたりします。

私の手も、"みっつん"にとって、そんなふうに心安らぐ手になれたらいいな、と願っています。

今のうちに、たくさん触れ合って過ごそうと思います。

『いーはとあーは』

『いーはとあーは』

やぎゅう げんいちろう

福音館書店

1997年3月 こどものとも年少版

2003年 福音館の幼児絵本

¥900+税

 


"みっつん"、次々に歯が顔を出しています。下の前歯2本に続き、上の前歯2本がしっかり出てきました。虫歯にならないように大事にしたいものです。

 


虫歯にまつわる絵本はあまたあれど、乳歯から永久歯へのはえかわりについて分かりやすくかかれた絵本というのは意外と少ないように思います。この『いーはとあーは』は、保育園や幼稚園での理科読「科学の本と遊び」でも読み聞かせている1冊です。

 


歯をよく見ると平べったい歯・とんがっている歯・ふとっている歯といろいろな形の歯があること、大人と子どもでは歯の大きさも本数も違うこと、そして、乳歯が抜けるときには、永久歯が下にスタンバイしてから、乳歯の根がだんだんなくなっていってグラグラしてくることなどがとても分かりやすく描かれています。

この絵本を読んでいたら、まだ生えそろってもいない"みっつん"の乳歯が、数年後には抜けるんだなぁと気の早いことを考えて、一人でしみじみしてしまいました。
"みっつん"の成長に合わせて、繰り返し一緒に読んでいきたいと思っています。

『あおのじかん』

『あおのじかん』
イザベル・シムレール:文・絵   石津ちひろ:訳
岩波書店
2015年
¥1,700+税


夕方、空の色が変わる様子を"みっつん"と眺めていて、ふと思い立ってこの絵本を一緒に読みました。

「おひさまが しずみ
 よるが やってくるまでの ひととき
 あたりは あおい いろに そまる
 —それが あおの じかん」  
と始まり、ページをめくるごとに、少しずつ少しずつ青が深まり、夜が近づいてきます。

日ごろはバタバタと過ごしてしまい、気がついたら夜だった、ということがほとんどなのですが、この絵本を読んで2年前モンゴルに行ったときのことを思い出しました。
高い山もなく人工の光もほとんど見えない東ゴビで宿泊したときのことです。
太陽が沈んでもなかなか暗くならず、刻一刻と空の色が変化していきました。
日常を離れた旅の時間だったので、その様子をじっくりと味わうことができました。

明日の東京の日の入りは17:52。お天気がいまいちな予報ですが、もし晴れたら、“あおのじかん“を意識して”みっつん”と空を眺めてみたいです。


ちなみに、国立天文台の「暦計算室」の「各地のこよみ」から、日本各地の日の入り時刻が調べられます。

https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/dni/

『おつきみ どろぼう』

『おつきみ どろぼう』
ねぎしれいこ:作  花之内雅吉:絵
世界文化社
2009年
¥1,000+税


9月といえば「中秋の名月」ですね。
今年は9月24日だそうです。
お天気になるといいなぁと思いながら、おつきみにまつわる行事の絵本を読みました。

本のカバー裏に書いてある説明によれば、"おつきみどろうぼう"とは
「日本の年中行事で、子どもたちは、おつきみの日に限って、よそのうちのおつきみだんごをどろぼうしてもよいとされていました。・・・(中略)・・・日本版ハロウィンともいわれています。」
とのこと。

私は残念ながら"おつきみどろぼう"を体験したことはありません。この行事を知ったのも大人になってだいぶたってからでしたし、そもそも、おつきみだんごを作ったこともありません・・・。
でも、せっかくなので、これから"みっつん"と一緒にいろいろな行事も体験していきたいな、と思います。
まだ今年はお団子は無理そうですが、離乳食でそれらしきものを作ってみようかな。

こうした行事を楽しみながら、月の満ち欠けを少しだけ意識するきっかけにできたら素敵ですね。(早寝の"みっつん"がお月さまを見るのは、しばらく先になりそうですが。)

『みずたまのたび』

『みずたまのたび』
アンヌ・クロザ:さく  こだま しおり:やく
西村書店
2015年
¥1,300+税

雨が降ったので、この絵本を読みました。
ネコが飲み残した1滴のみずたまの大冒険です。
地球上の水が循環していることがシンプルで美しい絵で表現されています。

"みっつん"は、フラミンゴ(?)が出てくるページと、カタツムリが出てくるページがお気に召したようでした。
そこで、絵本を読み終えた後、「グーチョキパー」でカタツムリをつくって遊びました。
ちなみに我が家では、「右手がグー」、「左手がパー」で「アンモナイト」も作っております。

『からだのなかでドゥンドゥンドゥン』

『からだのなかでドゥンドゥンドゥン』
木坂涼:ぶん   あべ弘士:え
福音館書店
2002年
¥900+税

人も、"いぬのコロ"も、"ねこのミーコ"も、とかげも、とりも…みんなみんな、からだのなかで命の音がします。

この絵本を読んでいたら、"みっつん"がお腹にいることが分かった日の検診を思い出しました。エコーの画面を見せていただきました。まだ小さな丸っこい"何か"の中で、小さな小さな心臓が、トクントクントクントクンと猛スピードで動いているのが見えました。
まだ人の形にもなっていないのに、懸命に生きているその姿を見て、なんて愛おしいのだろうと一瞬でハートをわしづかみにされてしまいました。

つわりがしんどくても、検診で"みっつん"の鼓動が見えるたびに、「キミが無事に育っているなら仕方ないか。がんばるわ~。」と思えました。
切迫早産で入院になってしまったときも、毎朝の検査で"みっつん"の心音を聞くのが何よりの励みになりました。愛おしい命の音です。

なかなか眠れずにグズグズするときには、抱っこ紐に入れると寝てくれます。助産師さんに「お母さんの鼓動を聞くと安心するみたいですよ。」と教えていただきました。お腹の中では、かなり盛大なボリュームで母親の鼓動が聞こえ続けているそうです。
ずうっと抱っこはなかなか体力的にしんどいこともありますが、自分の鼓動で安心してくれていると思うと…がんばれます。

『てのひら おんどけい』

『てのひら おんどけい』

浜口哲一:ぶん  杉田比呂美:え

福音館書店

2003年

\800+税

 


"パパ"と散歩にでかけた"ぼく"が、自分のてのひらで、身近なあれこれの"あったかい"と"つめたい"を探っていきます。

 


ひなたは?ひかげは?

道具も何も使わずに、からだをつかって親子でたくさんの発見ができそうです。

 


"みっつん"は最近、冷たい飲み物を入れたコップにさわって「ひえひえ~」を体感するのがお気に入りです。コップをほっぺたにつけると、「うひゃ~」という感じの表情をするのが、たまらなく可愛いです。

 


赤ちゃんでも、「予想」をすることができるのだな、ということを感じています。

ほっぺたに冷たいコップをつけることを2,3回繰り返すと、まだほっぺたに触っていないうちから、「うひゃ~」という顔になって、冷たいコップがくるのに備えているようなのです。

他の遊びをしていても、数回くり返すと次の展開が予想できるようだな、と感じます。4か月の頃には、そんな反応をするようになっていたので、かなり早い段階から、「予想」する力が備わっているのではないでしょうか?

赤ちゃんってスゴいです。

 

『ヒッコリーのきのみ』

『ヒッコリーのきのみ』

作:香山美子  絵:柿本幸造

ひさかたチャイルド

1985年

¥1,000+税

 

私が子供の頃に大好きだった絵本です。"みっつん"と一緒に読みたいなと思って探してみたら、まだ入手できることに嬉しくなりました。

 


リスの親子が秋に埋めたヒッコリーの実が、冬を越して春になり、芽を出します。1つの木の実が成長して、やがてたくさんの実をつけるようになる、これが植物の実のすごいところです。

 


ところで、ヒッコリーってご存知でしょうか。私はこの絵本を読んだ子供のころ、「ヒッコリーってなんだろう?どんぐりとは違うのかな?」と悩んだことを思い出しました。せっかくなので、ちょっぴり調べてみました。広辞苑によりますと「クルミ科の落葉高木」とのこと。たしかに、リスのバビーが食べている実はクルミのようですね。


子供のころは、リスが食べ損ねた実がやがて芽を出して大きな木に成長するということがとても驚きで、この本が大好きになったのですが、自分が親になって読み返してみたら、木の実をたくさん拾って帰ってきたバビーに”かあさんりす“がかける言葉がとても心にしみました。
「まあ、大きな みを いっぱい ひろって、なんて かしこい バビーでしょ。 それから 小さいのも いっぱい ひろって、なんて かしこい バビーでしょ。」
こんな風に、子どものことを受け止められたら素敵だな、と思います。

 

『東京くらし防災』、『子連れ防災手帖』、『地震イツモノート』

こんなときに、何か少しでもお役に立てることができたら・・・。
そう願いながら、自宅にあった本を開いてみました。

◇『東京くらし防災』より
【暑さをしのぐコツ】(p.64-65)
・冷やすと効果的に熱が下がる6つの場所は「首の両わき」、「脇の下」、「足のつけ根」。皮膚の近くにある太い血管を冷やすことで効率よく体温を下げられます。
・暑さをしのぐのに役立つアイテム:「冷却スプレー」、「熱を冷ますシート」、「扇子」、「うちわ」などとあります。ほかにも、「手ぬぐい」を濡らすと気化熱でひんやりします。ぬるくなってしまったときは、一度広げてパンッとはためかせれば再びひんやりします。
・「ゆったりしたサイズの衣類」を着ることで風通しよくすることも効果的とのこと。

【在宅避難での片付け】(p.126-127)
・まずは、「安心して過ごせる一部屋」を確保することから始められるとよいようです。


◇『子連れ防災手帖』より
【子どものメンタルケア】(p.66)
・避難先に「子どものお気に入りのおもちゃ」を1つ持っていく
・とにかく「抱きしめて」「受け止めて」「見守って」あげてください。

◇地震イツモノートも具体的に役立つ知恵が詰まっています。
http://www.jishin-itsumo.com/category/note/
【非難する際は】
・通電火災を予防するために、ブレーカーを落としてから家を離れる

【水を運ぶには】
・段ボールにビニル袋をかぶせれば、バケツの代わりとして使える。ただ、水は重いので、台車などにのせられるとよいですね。


◇NHK Eテレで「赤ちゃんの防災メモ」というものも見つけました。
https://www.nhk.or.jp/sukusuku/bousai.html


何か1つでもお役に立てたら・・・。